Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Archives
Profile
Search
HDL(善玉コレステロール)が低い原因は?
               

HDLコレステロールは善玉コレステロールの別名のごとく、ゴミ(LDLコレステロール)を掃除する役割を担っています。

HDLが低いとLDLがそれほど多くなくとも、血管にゴミが溜まりやすくなり、動脈硬化の原因となります。

血液検査をすると、低HDL血症の方が結構います。

HDL低値の原因はいくつかあります。

肥満 → 1番大事です!

喫煙 

運動不足

まったくお酒を飲まない → 適度な飲酒はHDLを増やします。

「お酒を飲みなさい」とは言えないので、「タバコを止めて、運動して、痩せましょう!」という指導になりますね。

上記をすることで、HDLが5〜10%増加する事がわかっています

HDL低値で、上記に当てはまる方は、生活習慣の見直しをしてみてください。

当院では、禁煙外来も行っています。

どうぞご相談ください。


さいとうファミリ−クリニック


ピロリ菌除菌すればもう胃の検査は不要?


ピロリ菌除菌治療が、2000年に保険適応になってから17年が経過しました。

当院でも、たくさんの方にピロリ菌除菌治療を行ってきました。

除菌療法で必ずいただく質問があります。

Q「ピロリ菌除菌すれば、もう胃がんにならないのでしょうか?」


A「胃がんになる可能性低くはなりますが、胃がんになる可能性は残っています」

その胃がんリスクの差は、除菌前の胃の状態に相関すると思います。

20代などの比較的若い時期に除菌すれば、胃の粘膜もさほど傷んでいないので
胃がんのリスクはかなり減ると思います。

60代を超えて除菌した場合、ピロリ菌は大体2,3歳で感染しますので、約57,58年間感染してた訳です。

長期間ピロリ菌がいれば、その分胃の粘膜も傷みます。

一般的には胃がんになるには、胃粘膜の遺伝子レベルの異常が始まって10年〜20年かかると考えられています。

もし遺伝子レベルの異常がもう始まっていてれば、除菌後に胃がんが発症する可能性があります。

では高齢であれば、ピロリ菌除菌しても意味がないのでしょうか。

ピロリ菌除菌することで、胃粘膜に付着している汚い粘液が消えたり、腫れている粘膜のヒダが細くなり、胃がんが見つけやすくなる利点があります。

つまり高齢であってもピロリ菌除菌のメリットはあると思います。

一番重要なことは、除菌後も定期的な胃内視鏡検査が必要ということです



さいとうファミリ−クリニック