Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2013 >>
Archives
Profile
Search
ビールの美味しい季節
              
毎日、暑いですね。ビールの美味しい季節になりました。

一日の疲れを癒し、リフレッシュする程度の飲酒はいいのですが、飲み過ぎはいけません。

アルコールの肝臓に対するダメージは積算量である」ということをご存知でしょうか。

一般に純アルコールを、生涯積算量で約1トン飲むこと、「肝硬変」になる可能性があります。

アルコール1トンの大まかな目安ですが、日本酒3合を50年間飲み続けると1トンになります。

また、日本酒3合ウイスキーダブル3杯ビール大瓶3本が 大体同じアルコール換算量です。

大酒家といわれている人では、40才そこそこで1トンを飲みきり「肝硬変」になる人もいます。

また休肝日を誤解している人も多いです。

休肝日の前後に飲酒量を増やしては意味がありません。

誰でも一生に飲めるアルコール量は決まっています。

長くお酒を楽しむには、少しずつ飲むことが大事ですね。


             

             

先日、私の旧友である市川中車(香川照之)と長男、市川團子の後援会である「中車と團子の会」の会員様限定イベントが行われました。たくさんの会員の皆様にご来場頂きありがとうございました。会が始まる前にたまたま時間が空き、中車と團子とちょっと話をしました。この秋の團子の舞台の踊りが大変だという事(團子本人は大丈夫!と言ってました)、中車の京都公演の演目が決まったという事、来年の襲名披露公演の事、新歌舞伎座の事、はたまた現在放送中の「半沢直樹」の意地悪な常務(香川照之)は最後まで意地悪なのか?(最後は私の個人的興味、歌舞伎とは関係なし)
ご来場された方は楽しんで頂けたでしょうか。香川親子を応援してくださる方は、ぜひ後援会の入会をよろしくお願いいたします。現在は入会を一時ストップしていますが近々再開する予定です。
中車と團子の会入会案内
*僭越ながら乾杯の挨拶をさせて頂きました



さいとうファミリ−クリニック


高脂血症の治療
                                 健康診断等で高脂血症を指摘される方は多いと思います。

一口にコレステロールが高いといいますが、大きく分けて2つの型があります。

コレステロール合成亢進型;肝臓の細胞の中でコレステロール合成が亢進する

コレステロール吸収促進型;小腸の中でコレステロール吸収が促進する

治療は、まずは合成を阻害するスタチン系薬剤(クレストール、リバロ、リピトール等)を使用します。

投薬して2,3カ月で検査すると大体約40%程度悪玉コレステロール低下が望めます。

しかし、スタチン系薬剤が効果がでない方もいらっしゃいます。

その場合は、エゼチミブ(ゼチーア)等の小腸でのコレステロール吸収を抑える薬を使います。

また合成亢進型、吸収促進型の両方のタイプの高脂血症の方には前出の薬を併用する事もあります。

*一口に高脂血症の治療といっても、薬の使い分けが重要です





先日子供の部活動(バスケットボール)の公開練習があったので見学してきました。昨年に引き続きプロバスケットボールチームの横浜ビ−・コルセアーズの選手の皆さんに直接指導して頂きました。現役プロならではのアドバイスと実戦に即した練習方法でみんな生き生きとプレーしていました。最後は全員とミニゲームをしてくれて子供たちはいい思い出になったと思います。
次は本物のプロバスケットの試合を見に行きたいものです。



さいとうファミリ−クリニック