Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2012 >>
Archives
Profile
Search
水いぼ治療
              

プールの季節になってきました。

最近、よく質問を受けるのが「うちの子供、水いぼなんですがプールに入ってもいいのでしょうか?」

水いぼの正しい病名は、伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)といいます。

ポックスウイルスというウイルス感染症で、幼児〜小学校低学年に多く、経皮感染で接触でうつります。

プールでうつるのは、水いぼは腋の下にできやすくて、ビート板を介してうつるといわれています。

水いぼは、学校保健法で第3種(その他の感染症)に入り、通常出席停止になりません。

プールに入ってよいかは、施設によって対応が異なります

最近ではプールを禁止する必要はないという指針もでています。

その場合は、ビート板、タオルを供用しない。プール後によくシャワーを浴びるなどの注意が必要です。

多くは数週間から数カ月で治癒します。どこまで増えるか、いつ治癒するかは個人差があります。

治療はピンセットで摘んだり、液体窒素で焼くことが多いです。

その前に局所麻酔テープを貼っておくと痛みが少なくてすみます。

しかし、局所麻酔テープは自費になるということと、局所麻酔アレルギー発作を起こすことがあるので注意が必要です。

他にはハト麦の「ヨクイニン内服」や抗ウイルス薬の塗布、スピール膏貼付などがありますが、どれも保健適応ではなく、自費であり効果も定かではありません。

小児科学会の感染対策委員会では下記のように指針をだしています。

「水いぼは自然治癒傾向があり、放置してよい。しかし自家感染や他人への伝搬を防ぐためにピンセットでの摘出や液体窒素での除去をなど積極的に治療する考え方もある」と両論併記になっています
(慈恵医大皮膚科准教授石地尚興先生のお話より)


結局は、放置、治療どちらも正解という訳ですね。

その時の状態(季節、水いぼの個数など)を考えて放置して経過をみてくか、積極的な治療をするのか決める必要があるということです。

なお当院では水いぼ治療は、液体窒素などがある皮膚科の先生にお任せしています。



          
六月大歌舞伎夜の部「スーパー歌舞伎ヤマトタケル」を観劇してきました。
初めてのスーパー歌舞伎です。まったく歌舞伎に縁がなかったものですからすみません。感想は「なんて面白いんだ!」話の筋がスペクタクルたっぷりで、わかりやすい。セット、衣装の豪華さ、照明の綺麗さどれをとっても超一流のエンターテイメントですね。しかしなんと言っても、四代目猿之助さんの演技につきると思います。彼は昼の部で義経千本桜でピョンピョンと狐を演じて体力も相当使っているはずなのに。。。凄い人ですね。
 終演後香川照之くんの楽屋に友人達とお邪魔しました。例によって照れくさそうな笑顔で迎えてくれました。ちょっと疲れてはいましたが(当然ですね)、いい仕事をしたあとの充実のオーラが出ていました。義母も一緒に行ったのですが、「楽屋で香川さんの笑顔が見られてよかった」と喜んでいました。そういえば、劇中の「帝」はずっと怖い顔していて、笑いませんものね。
 カーテンコールに猿翁さんも出てらっしゃいました。香川くんによると毎日ではなく大体2日に1回でているかな。と話していました。今日はラッキーだったようです。親子3代で手をとってのカーテンコール、猿翁さんの体力が許せば毎日みてみたいと思うのは我儘なんでしょうね。
 市川團子丈(政明くん)にも会ってきました。私の顔を見るなり「斉藤先生、今日注射??」と言ってきました。私と会うときは予防接種されることが多いからでしょう(笑)團子丈のサインも頂きました。彼はなんでも7種類サインを持っているとか。。。自分で考えているみたいです。将来が楽しみですね。

当ブログのここ最近の検索ワードをみると「中車と團子の会」「市川中車後援会」「香川照之」でヒットしてここのブログを訪れる方が多いです。
医療系ブログとしては、いささか複雑な思い(笑)です。しかし後援会入会のためにお役に立っているようなので、どしどしアクセスしてください!もちろん医療情報も充実させていきます。


             
團子ちゃんのサインのひとつ?を頂きました


さいとうファミリ−クリニック



溶連菌感染症が小流行
             

最近、当院周辺で小児を中心とした「溶連菌感染症」が小流行しています。

<溶連菌感染症の4つの特徴>
。械検邂幣紊糧熱
白苔が付着した扁桃腫脹
0議砲鯣爾辰秦扱柯瑤離螢鵐兩畆霙
こ韻でない


4つ揃えばすぐに治療します。

3つ以下で溶連菌感染の疑いがあれば、のどの粘膜を綿棒でこする溶連菌迅速キットで調べます。

溶連菌迅速キットは約10分間で結果がでますが、キットは100%の確率ではありませんので、最終的には臨床症状で診断します。

治療は抗生剤を10日間内服します。

抗生剤を2日間内服すると他の人に感染させる危険性がなくなります。

溶蓮菌感染症の注意点は、合併症を起こす事です。

中でも溶蓮菌感染後の糸球体腎炎や心臓の弁を破壊するリウマチ熱が良く知られています。

リウマチ熱は抗生剤をきちんと内服すれば防げますが、糸球体腎炎は抗生剤を内服しても罹ってしまうことがあります。

溶蓮菌感染後約2−3週後に尿検査を施行して尿蛋白、尿潜血等がでていないかをチェックします。

のど痛、発熱、発疹、舌にぶつぶつ(いちご舌)が見られたら早めにご来院ください。


昨日は大学の同期会が卒業後初めてありました。卒後20年以上経って皆に会いました。大学時代の同窓会は小中高の同窓会とちょっと感じが違います。なぜかなと考えると、一つは皆が同じ職業であるということ、二つめは、卒業後初めてといっても、大学病院で医局は違えど、よく顔は合わせていたといったせいでしょうか。もちろん10代後半から30歳位の人生で一番良い時期を一緒に過ごした仲間ですから、懐かしかったし話ができて楽しかったです。


さいとうファミリ−クリニック


六月大歌舞伎 観劇
               

新橋演舞場に六月大歌舞伎初日に行ってまいりました。

市川中車丈(香川照之くん)と、市川團子丈(香川政明くん)の襲名披露公演です。

演舞場の前はTVカメラやリポーターの方と大勢の歌舞伎ファンの方でごったがえしていました。

中車主役の「小栗栖の長兵衛」では、香川君は他の歌舞伎役者さんと遜色なく、舞台に溶け込んでいたと思います。

お話が面白く、中車の立廻りが見どころの舞台です。

身びいきかもしれませんが、短い準備期間でよくここまで頑張ったな。と思います。

團子丈の政明くんは、声が通り堂々と挨拶していました。本当に立派でした。

口上では、香川くんの今までの想いが伝わってきて、涙が止まりませんでした。

この日のために彼はどの位、悩み、考え、色々な苦労をしてきたのだろう。

初日を無事に迎えられて、本当に良かったね。

あと2か月、長丁場ですが精一杯応援します。



お食事に付いていた襲名披露のチラシです。4名のサインが入った今回限りの限定物のようです。
私がロビーを歩いていたら、このブログを見て頂いている方に声をかけて頂いたのですが、ビックリしてしまい(そのような経験がなかったもので)会釈をかえしただけで、ご挨拶もせずに失礼してしまいました。申し訳ありません。しかし、よく私と気がつきましたね。本当にビックリです。



さいとうファミリ−クリニック