Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829   
<< February 2012 >>
Archives
Profile
Search
インフルエンザの出席停止期間
             

以前より、「おかしいな〜」と思っていたのですが、ようやく変更されます。

小中高生や大学生がインフルエンザを発症した際の学校の出席停止期間について、文部科学省は現行基準の「解熱後2日間」から「発症後5日を経過し、かつ解熱後2日間」に改める方針を決めた。タミフルやリレンザなど抗インフル薬の普及で解熱が早くなり、感染力が残ったまま登校するケースが増えているためという。
 発症後5日を過ぎれば、ウイルスがほとんど検出されなくなるという研究報告を踏まえた。幼稚園児は「発症後5日を経過し、かつ解熱した後3日間」とする。 関係省令を改正し、4月1日から実施する方針。
<朝日新聞デジタルより掲載>


現在は「解熱後2日間」で登校可となっています。この解熱後2日間が曲者です。

もともとはインフルエンザの治療薬がない時代に決まった事なのです。

以前は大体5日間発熱して2日間経過みて約7日間で治癒と判定していました。

しかし今は治療薬のおかげで発症当日の夜には解熱して、早い方ですと発症後3日間で登校してしまっているお子さんもいるようです。

これでは、インフルエンザが蔓延してしまいます。

現在でも「5日間は登校してはだめですよ」と指導はしているのですが、規則が「解熱後2日間」ではなんとも仕方がありません。

登校許可も最後は医師ではなく親御さんの判断ですし。。。

今後は「発症後5日間かつ解熱後2日間です」としっかり指導できます


本日第2延山小学校の「学習発表会」を見させて頂きました。
当院を取材して頂いた時の様事を、寸劇にして説明したり、クイズをしたりで大変楽しく見学させて頂きました。
小学校2年生のみんな、とても良くできてましたよ。ありがとう!



さいとうファミリ−クリニック


インフルエンザ流行中です
久しぶりの更新になりました。

最近当院の周囲はインフルエンザが流行しております。

全国的にはA型インフルエンザが猛威をふるっていますが、当院ではA型インフルエンザとB型インフルエンザがほぼ半々の割合で検出されます。

インフルエンザを検出する検査ですが、鼻に綿棒を入れて鼻水を採取して調べます。

ここで注意が必要なのは、発熱(高熱38℃以上)してから、最低12時間経過しないと検査がうまくできません。

インフルエンザウイルスがある程度増えないと検査キットの反応しないからです。故にキット検査で「インフルエンザ陰性」と出ても絶対に「インフルエンザではない」とはいえないのです。

その他、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感がインルエンザの特徴ですので総合的に判断して、診断→治療をいたします。

*高熱の方、咳の出る方はマスクをして来院頂けるようお願い申し上げます



さいとうファミリ−クリニック