Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2011 >>
Archives
Profile
Search
歩くと足の筋肉が痛くなって動けなくなりませんか?


歩行すると、足の筋肉がだるく重くなったり、痛くなったりして歩行が苦痛になることがありませんか?

しかし、立ち止ってしばらく休息するとその症状が消失して、また歩けるようになる...

このような歩行による症状の出現と、休息による症状の消失を繰り返す事を
間歇性跛行(かんけつせいはこう)
と呼びます。

間歇性跛行をきたす病気は「閉塞性動脈硬化症」と「腰部脊柱管狭窄症」の2つです。

閉塞性動脈硬化症

その名の通り動脈硬化が原因で、虚血により筋肉が阻血して痛みます。しかし、筋肉が動かないと痛くありません。
通常立ち止って、立ったままで休むと痛みは改善します。

腰部脊柱管狭窄症
歩行で変形した脊柱管に神経、血管が圧迫され虚血により痛みが出現します。前屈みで圧迫が解除されると痛みが消失します。
立ったままでは痛みはひかず、しゃがみこむと楽になるのが一般的です。

<腰部脊柱管狭窄症の特徴>
・自転車はいくらでも乗れる (前屈みになるから)
・ショッピングカートを使うと歩行が楽 (同じく前屈みになるから)
・逆に背中を反らせると悪化(腹臥位で悪化)
・両側同時発症が約60%です。


このように症状は似ていますが、2つの疾患は全く別物です。

正しく診断治療しないと特に閉塞性動脈硬化症の場合、時に切断という大きな手術になることもあります。


歩行時痛で悩まれている方は一度ご相談ください

この夏休みは読書三昧でした。まずは村上春樹さんのエッセイ2冊「村上ラヂオ」と「おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2」です。村上さんのエッセイは小説と違い、ほのぼのしていてゆったり安心して読むことができます。続いて沢木耕太郎さんの「一号線を北上せよ」深夜特急で有名な方ですが、この本も旅物です。著者得意の長距離バス旅行のくだりは、さながら一緒にオンボロバスに乗って旅行しているようです。さらに香川照之君の「日本魅録3」キネマ旬報の連載の単行本化の3冊め。彼ならではの視点で映画の撮影現場の空気を伝えてくれます。香川君と二人で飲んで「あの映画の現場ってどんな感じなの?」とか「あの俳優さんてどんな方なの?」と聞くと彼が「あの現場はね...」と答えてくれているような感じの本です。最後に真山仁さんのハゲタカ3部作一気読み(どれも上下巻あるので全部で6冊!)頭の中は企業買収の事でいっぱいになってしまいました...しかし繋がりのない選書だな〜。でもどの本もおもしろかったです。


さいとうファミリ−クリニック


夏季休暇終了
             

今週の月曜日より通常通り診療しています。

皆様は夏休みいかがお過ごしでしょうか。

私は登山、渓谷散策、ゴルフ、テニスとみんなちょっとずつですが楽しみました。

おかげさまで充電がたっぷりできました。

まだまだ暑い日が続きますが、体調管理に気をつけて頑張りましょう!




院長(父)とゴルフしました。2日間したのですが、2回ともグロスで負けました...ドライバーの飛距離では50〜60Yrd位私の方が飛ぶんですけどね...ゴルフ難しい。



すごく久しぶりにテニスしました。中高とテニス部でしたが、1時間プレイするのが限界です...



長野県蓼科にある、杜鵑峡(とけんきょう)という小さな渓谷を散策しました。1時間程度で1周できるのですが、森林浴と渓流のせせらぎが極上の癒しです。人が全然いないのもいいです。




八ヶ岳連峰の中の一つ、北横岳(2480M)に登りました。途中までケーブルカーで行くので登るのは正味1時間程度です。頂上までいきましたが、残念ながら霧(雲?)のためまったく視界は効かずでした。残念でした。

ゴルフで3パットすると、この世の終わりみたいにがっかりしませんか。
ましてやそれ以上になると...しかし私、先月ミドルホール(PAR4)で2オン6パットしました。スタートホールでしたので、最初からダブルパーです。我ながらビックリしました。



さいとうファミリ−クリニック


夏ばてに漢方
              


最近の蒸し暑さは閉口します。皆様、「夏バテ」していないでしょうか。

さて、「夏ばて」とは、一体どんな状態なのでしょうか。

本来「夏ばて」と呼ばれる不定愁訴の原因は、高温多湿による不眠や体力の消耗などです。

しかし最近は冷房の効きすぎた室内と外気の温度差が自律神経のバランスを崩したり、不規則な食生活が主な原因として考えられています。

「夏ばて」の解消には、胃腸の働きを良くし、体力を補う治療が望まれます。

「夏ばて」の症状に、下痢、食欲不振、暑気あたり、夏やせ等がありますが
それの症状に効果のある漢方薬があります。

清暑益気湯(せいしょえっきとう)は、胃腸機能と体力の回復を目的とする漢方薬です。*保険適応です。(株ツムラの資料より)

よくある質問ですが、「漢方薬は長く飲まないと効かないのですよね?」

いえいえ、漢方は即効性があります

夏ばて改善の漢方薬が、半年後の冬になってから効いても仕方ないですよね。

では一度ご相談ください。



さいとうファミリ−クリニック