Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< June 2011 >>
Archives
Profile
Search
骨粗鬆症の食事療法(カルシウム摂取)


骨粗鬆症防止のための食事療法のポイントは、栄養をバランスよく摂ることです。

特に注意したいのが「カルシウムの摂取」です。

日本人のカルシウム必要所要量は600mg/日(骨粗鬆症患者は800〜900mg/日)ですが、ほかのほとんどの栄養素がその所要量を上回っているのに対し、カルシウムだけはいまだその所要量がみたされていません。

その理由の一つに、カルシウムが摂取しにくい栄養素であることがあります。

カルシウムは食物中の含有量がすべて体内に取り込まれるわけではなく
食物によって吸収率に違いがあります。


<カルシウムを多く含む五大食物>

乳製品 (吸収率50%)

大豆・大豆製品 (吸収率50%)

野菜(小松菜、ごま) (吸収率50%)

魚 (吸収率30%)

海藻類 (吸収率20%)


カルシウムの他にはビタミンDも大事です。ビタミンDはカルシウムの吸収を高める効果があります。

<ビタミンDを多く含む食物>
干ししいたけ、イワシ、カツオ、ぶり、さんま、レバー、バター、卵黄など

中でもやはり、「牛乳」は吸収率も良く含まれる栄養素もカルシウムの吸収に役立ちます

毎朝コップ1杯飲むことを習慣にしたり、シチューやグラタンなど牛乳を使った料理を献立に加えるのも良いでしょう。

牛乳の脂肪が気になる人は低脂肪牛乳も良いでしょう。



さいとうファミリ−クリニック


骨粗鬆症を早く見つけましょう
              

健康診断の方が多い時期です。

骨密度を測定してみましょう。

3つ以上該当する方は「骨粗鬆症」かもしれません。

’齢が52歳以上である
⊇性である
生まれつき小柄・骨が細い
こ或が多い
ケ親阿呂靴覆な
Δ△泙螻綾个呂靴覆
Д瀬ぅ┘奪箸靴討い
┯ノにはあまり気をつかわない
乳製品をあまり摂らない
タバコを吸う、お酒をよく飲む

<加齢による骨量の変化>
0〜20歳:思春期までに骨量は急激に増加し、女性では10歳代半ば、男性では10歳代後半に成長を終えます。

21〜40歳:成長期を過ぎても、30歳位までは骨の成長は続き、最大値を迎えます。

41〜55歳:その後は加齢とともに骨量は減少していきます。

骨量が若年成人平均値の80〜70%ですと骨量減少症、70%未満ですと骨粗鬆症になります。

女性は生まれつき骨が細いため、骨量が少なく骨粗鬆症になりやすいです。

特に出産では、1回の出産で27gのカルシウムを赤ちゃんに分け与えるため、骨量はグンと減ってしまいます。「骨粗鬆症の自己管理」森井浩世先生著 医薬ジャーナル社

また閉経後は年間3%もの骨量が減少します

女性は特にカルシウムの摂取を心がけましょう!

当院では予約なしで骨密度が測定できますのでどうぞご相談ください。



さいとうファミリ−クリニック


大腸菌O-104 食中毒


日本でも肉の生食による「食中毒」が問題になっています。

しかしヨーロッパの方ではもっと深刻な状況になりつつあります。


欧州の大腸菌O104は「特異」=死者18人、新種の可能性も―WHO
時事通信  【ジュネーブ時事】
ドイツを中心に欧州各地で18人の死者が出ている腸管出血性大腸菌O(オー)104の感染に関し、世界保健機関(WHO)は2日、見つかった菌が「特異」であるとし、これまでにない新種の可能性があるとの見方を示した。
 WHOは「大腸菌の分子・遺伝子構造を調べることが重要」と指摘。各地で見つかった菌がドイツのものと同一かどうかを特定するため、菌の疫学検査を継続するとしている。現時点で感染源は特定できていないという。


最初はスペインから輸入されたキュウリといわれていましたが違ったようですね。

近々日本にも上陸するでしょうから、早く対策を立てることが必要です。

しかし今の政治家は勢力争いに忙しくて、日本に上陸していない?病原菌の事なんて考える余裕はないでしょうね。


国任せにせず自分たちで対策をたてていくしかありません。

しかし野菜が生で食べられなくなったら。。。

そんな世の中にならない事を祈ります。



さいとうファミリ−クリニック


国保基本健診・品川区 午後外来でも実施します


いよいよ関東地方も梅雨入りですね。肌寒い日が続いています。体調管理はいかがでしょうか。

品川区国民健康保険に加入されている方には「健康診断の案内」が届いていると思います。

健康診断の内容は問診、血圧測定、検尿、採血、心電図です。

さらに65歳以上の方は結核検診(胸部レントゲン)、40歳以上の方は大腸がん検診(便潜血反応)、65歳以上の男性の方は前立腺がん検診が受けられます(前立腺がん検診のみ有料¥500)

今までは午前中のみ健診を実施してきましたが、どうしても午前中に来院できない方もいらっしゃいます。そこで、

午後外来(午後4時から)の時間にも国保基本健康診断を実施いたします

昼食は早めに軽く召し上がって午後6時位までに来院ください。

*健診の受診券をお持ちください
*予約の必要はありません


先日、大学の医局の同門会がありました。大学病院や出張病院で一緒に仕事をした先輩の先生方や同級生や後輩と久しぶりに話ができて楽しかったです。当時の教授が(もう退官されて久しいのですが)まだまだ現役で仕事をされて、さらに往診までされていると伺って「すごいな〜。」と思いました。
今日は私も千葉大病院総合診療内科で研修してきました。私も頑張ります!


さいとうファミリ−クリニック