Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< July 2010 >>
Archives
Profile
Search
TBS 「夢の扉〜NEXT DOOR」
「総合診療内科」という医療分野をご存知ですか?

いわゆる内科のうちの「循環器内科」「消化器内科」「呼吸器内科」などの専門分野のひとつです。

一般の方にはまだまだ認知されていない「総合診療」ですが、本当はすごい分野なんです。

千葉大病院総合診療部 生坂先生が取材を受けられています。

7月25日(日曜日)よる6:30〜 TBS系で放映されます。

「夢の扉〜NEXT DOOR」
『患者への負担を少なくする総合診療を確立させたい』/生坂政臣


ぜひご覧下さい


本日も千葉大総合診療部カンファレンス(症例検討会)に参加しました。
生坂先生は大変多忙であるにも関わらず、カンファレンスではキメの細かい非常に熱い指導をして頂きました。


さいとうファミリ−クリニック

家庭血圧の重要性
                 

健康診断で「血圧が高い」からと来院された方にすぐに、降圧剤は投薬しません。

「白衣性高血圧」といって診察室では緊張して血圧が上がる事があるからです。

まずは自宅で決まった時間(起床時、排尿後)と就寝前に測定して頂きます。血圧は2回測定してその平均値を記載してください。

そこで正常であればいいのですが、家庭でも高いとなれば治療を開始します。

新しい高血圧治療ガイドライン(2009)にも、家庭血圧の重要性が強調されています。

家庭血圧のほうが、診察室血圧よりも脳卒中や心筋梗塞という、いわゆる心血管イベントの発生リスクを予測する事がわかってきたからです。

血圧治療を継続している方でも家庭血圧は重要です。

モーニングサージといって、起床時の血圧が高い方はやはり脳梗塞、心筋梗塞になる可能性が高いのです。

その場合は寝る前に降圧剤を内服して頂くなどで起床時の血圧を抑えます。

家庭血圧をチェックすることで、さらにきめの細かい高血圧治療ができます


8月の夏季休暇は12日(木)、13日(金)、14(土)です。

さいとうファミリ−クリニック



高血圧症の運動療法


今回は高血圧の運動療法について書いてみます。

ここで注意が必要なのは、血圧が高い状態で運動するのは大変「危険」です。

血圧が160〜170/90〜100あるような方が運動すれば、血圧は200を軽く超えてしまいます。

降圧薬である程度、血圧をコントロールしてから、医師の指示通り運動することをオススメします。

では、高血圧の方にはどのような運動がいいのでしょうか。

急激で激しい運動は、血圧を急上昇させ激しい血流で血管を傷めます。それよりも30分でも1時間でもニコニコして続けられるニコニコペースの運動がお勧めします。

・ニコニコペースの運動すると血圧は下がります。

「では、ニコニコペースの運動とはどれくらいのペースなのでしょう。」

適正心拍数(1分間)=138−(年齢÷2)
例えば60歳なら、138−(60÷2)=108

この適正心拍数のプラス10回程度の心拍数になるように運動するのが目安です。(60歳の場合;108+10=118回程度)

このような運動を1回30〜60分、週3回以上、1週間で3時間以上続けると、たいてい1〜2か月で収縮期血圧(上の血圧)が10、拡張期血圧(下の血圧)が5mmHg
程度下がります。

「どんな運動がいいのでしょうか

適した運動;サイクリング、ラジオ体操、ウォーキング、水中歩行など

注意すれば適する運動;ゴルフ、ジョギング、階段昇降、ジャズダンス

適さない運動;テニス、ダンベル、ゲートボール、ボーリング

ゲートボールのような競技性があって勝負にこだわるものや、ダンベルのようないきむ動作のあるものは避けましょう。

次回は<家庭での血圧測定>の重要性について書きたいと思います。


7月18日よる9時〜 TBS日曜劇場で「GM〜踊れドクター〜が始まります。
まだまだ世間的に認知されているとはいえない「総合診療部」が舞台です。
その医療監修を千葉大総合診療部;生坂先生がされています。
(私は千葉大総合診療部に週1回研修に行っています)
おもしろそうなドラマですので是非みなさんもみてください。


さいとうファミリ−クリニック

高血圧症の食事療法(DASH療法)
           
高血圧症の治療は/事療法運動療法L物療法の順で考えます。

今回は<高血圧の食事療法>について。

1)減塩する;日本人は食塩を1日に約13g摂取しています。目標を半分位にするべきです。
 
 減塩のポイント:新鮮な果物や野菜を多くとる。塩分中のナトリウムのせいで血圧は上昇しますが、その作用は食物中のカリウムやマグネシウムなどで打ち消されます。ミネラルを多く含む野菜や果物を多くとるように心がけましょう。
 
 K(カリウム)が含まれる食品;新鮮な野菜、果物、イモ類、豆類 
 Mg(マグネシウム)が含まれる食品;ナッツ類、胚芽米、全粒粉のパン  

 和風メニューより洋風メニューのほうが塩分控えめです。ただし、脂肪の取りすぎに注意。      

2)血圧を下げる食事療法(DASH)
 
血圧を下げる効果が認めれらた食材を組み合わせた食事療法のこと。
 (Dietary Approaches to Stop Hypertension の頭文字からDASH食と呼ばれています。
 
DASHとは、果物、野菜、低脂肪乳製品を多く、動物性脂肪を少なくした組み合わせの食事です。成分をみるとコレステロールが少なく、食物繊維、カリウム、カルシウム、蛋白質が多い食事になります。
 
 ・パスタ、米、豆、野菜等の炭水化物が中心となる食事にします。
 ・肉類を中心にせず、食事全体の中の一部が肉類になるようにします。
 ・デザートや軽食に果物あるいは砂糖不使用のゼリの低脂肪、低エネルギー食品を使います。
 
次回は<高血圧の運動療法>について書きたいと思います。



 
さいとうファミリ−クリニック