Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
<< February 2010 >>
Archives
Profile
Search
だいぶ暖かくなりましたね。


ここ数日前から春の陽気です。

暖かいと体が楽ですね。

バンクーバーオリンピックを連日楽しみに見ています。

明日はいよいよ女子フィギアスケートですね。

結果はともかく自分の納得のいく滑りができればいいですね。

今は新型インフルエンザも落ち着き、特に流行りものもありません。


医師不足解消のために、医学部を新設する動きがあります。
もちろん、医師の数も大事ですがもっと解決しなければならない重要な事があります。

^綮佞涼楼菠从澆魏鮠辰垢襦О綮佞和臈垰圓暴乎罎靴討い

私は東京出身ですので地方の事ははっきりとはわかりません。
しかし医師というのは日々自己研鑽が必要です。その事を考えると東京は勉強会もほぼ毎日どこかで開催されていますし、研鑽するにはすごくいい環境です。当然学会や様々な専門医試験などは、東京が会場の事が多いです。私は便利でいいのですが、地方の先生は仕事を休んで泊りがけでいらっしゃいます。いつも大変だなと思っています。

科の偏在;産科や外科志望の医師が少ない!

自分も内科ですので偉そうなことは言えません。。。
なぜ産科や外科志望の医師が少ないのでしょう。
専門科を選ぶときは、医師に成り立てで若く希望あふれる時ですし、産科も外科もとてもやりがいのある仕事だから科を選択する時「大変そうだからイヤとか体力的にきつそうだからやめよう」というのはあまりないと思います。敬遠される一番の原因は「あまりに訴訟のリスクが多すぎる」という事だと思います。避けらない不可抗力の場合も、担当医の責任とされ訴訟の対象になるのでは成り手が減少するのは無理からぬことでしょう。

この2点を改善しなければ、いくら医師を増やしても相変わらず「医師不足」は続くと思います


胃食道逆流症−診断と治療の最前線



昨日は「胃食道逆流症(GERD)−診断と治療の最前線」という講演会に出席しました。

演者は川崎医科大学 食道・胃腸内科 教授 春間 賢先生でした。

春間先生はGERDの啓蒙活動のため、NHKの「ためしてガッテン」に出演されるなど、胃食道逆流症治療・研究の第一人者です。

講演内容は先生のご研究の成果や、胃食道逆流症診断ガイドラインの解説なをわかり易く解説頂きました。

中でも一番印象に残ったのは治療方法でした。

確かにガイドラインにはPPI(プロトンポンプ阻害剤)が第一選択薬となっています。

しかしPPIだけでは症状が改善しない方がいらっしゃるのも事実です。

講演会ではPPI+色々な薬の組み合わせをする事で、しつこい胸やけや、のどのつまり感の改善方法を教えて頂きました。

大変勉強になりました! 春間先生、ありがとうございました。


花粉の飛散が始まりました。
               

いよいよ東京でも花粉の飛散が始まりました。

目がかゆくて、鼻がグズグズ、おまけにくしゃみで何か憂鬱...つらい季節です。

今回は<花粉症で医療機関にうまくかかるコツ>を書きます。

まずご自分の症状を具体的にお伝えください

一口に花粉症の症状といっても、水っぱな、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみ、涙目と様々です。その症状に合わせてお薬を処方します。

ご自分の希望をお伝えください。

「とにかく大事な用事があるので症状を改善したい」「症状も抑えながら、なるべく眠くならないようにしてほしい」「できれば漢方薬で治療したい」「鼻づまりを何とかしたい」など、治療に関してのリクエストしてください。それになるべく沿うように治療します。

血液検査をお勧めします。

一度自分がアレルギー体質なのか、何の花粉に対してアレルギーがあるのかを知る事は大事な事だと思います。

以上を参考にして一緒に「花粉症シーズンを乗り切りましょう!」



遅ればせながら「アバター」を観てきました。映像がキレイでしたね。
3Dは酔いそうなので、普通のバージョンにしました。(以前別の3D映画で気持ち悪くなったことあり)
でも3Dバージョンもぜひ観てみたいです。



子宮頸がん予防ワクチン (サーバリックス)
子宮頸がんを予防できるワクチンがある事をご存知ですか?

子宮がんには、「子宮頸がん」と「子宮体がん」があります。

子宮頸がんは20〜30代で一番多いがんです。

子宮頸がんは発がん性HPV(ヒトパピローマウイルス)が原因です。

発がん性HPVは主に性交渉によって感染します。

小学高学年〜中学生(10才〜15才)の間に接種するのが推奨されています。

ちなみに45才位までに接種する方が効果あるようです。

サーバリックスは子宮頸がんの中の約60%を占めるHPV16型・18型を予防します。

逆に言えば、サーバリックス接種すれば絶対に子宮頚がんにならない訳ではありません。

定期的な子宮がん検診は必要です。

しかし、がんになる可能性を減らすことができるのは意味があると考え、当院では接種することにしました。

*子宮頸がん予防ワクチンは半年間に3回接種します。

初回接種→1ヶ月後→6ヶ月後の合計3回接種が必要です。

3回接種する事で十分な効き目が得られます。(値段は1回17000円です)



今日は子供の所属する音楽部の定期公演会に行ってきました。
定期公演会は毎年ミュージカルで今年は「ハイスク−ルミュ−ジカル/ザ・ム−ビ−」でした。
歌もダンスもばっちり決まっていて、すごく見ごたえがありました。
何より中1〜高2までの部員が心を一つにして何かを作りあげるという事が子供達のかけがえのない財産になるでしょう。