Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2009 >>
Archives
Profile
Search
胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン(その3)
今日もGERD診療のガイドラインの続きです。

上部消化管術後食道炎:いわゆる胃切除の手術を受けた方に起こる食道炎です。

*胃切除後の食道炎の発生には残胃の有無や大きさ、再建方法、残胃への十二指腸液の生じやすさが関係します。

*胃全摘術後では胃酸は出ませんので、十二指腸液の逆流のみが関与しています。十二指腸液の逆流としては、特に胆汁酸が指摘されています。
胆汁は食道粘膜に対する傷害性を有しています。

*治療には、酸分泌抑制効果を持つプロトンポンプ阻害薬(PPI)や蛋白分解酵素阻害薬が有効です。

*生活指導として、1回食事量に制限⊃後にすぐに横にならないH酲、便秘の解消ね漆から就寝までの時間をあける等が有効です。

もちろんその方の持病、ライフスタイル、趣味趣向、家族歴など様々な要因がありますので、やはりケースバイケースの治療になります。

胃術後の胸やけに悩んでいる方、お役に立てるかもしれませんのでどうぞご相談ください。




先週週末、初めてフットサルをしました。同じ医師会の先生に誘って頂き、荏原医師会VS田園調布医師会の形で楽しんできました。いや〜、本当にきつかった。でも楽しかった。フェイントをかけているのか?足がもつれているのか?どちらか解らない状況がそこかしこで繰り広げれました。。。もちろん上手な方もいました!久しぶりに歩行するのも困難な強烈な筋肉痛です。次回は来年1月の予定だそうで少しランニングしておきます。しかし階段の昇降に手すりを使わないときついです。。。。
小学校の時は結構頑張っていたんですけどね。あまりにも時間がたちすぎました(笑)

胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン(その2)
前回の続きです。

GERDには、内科治療と外科治療があります。

内科治療はいわゆる薬物療法です。PPIという胃酸分泌を抑えるお薬が良く効きますが、胃と食道のつなぎ目がゆるくなる食道裂孔ヘルニアがある場合は長期に薬を内服しなくてはなりません。

もちろん薬で食道裂孔ヘルニアが治るわけではありません。

そこで根本治療が外科手術です。

現在行われているのがNissen法とToupet法です。

ガイドラインによれば、どちらの方法が優れているかは優位な差がないようです。

内科治療でいくか、外科治療のほうが良いかはケースバイケースです。




(東京慈恵会医科大学 外科学講座HPより)

:::インフルエンザワクチン情報:::
季節性インフルワクチンはすべて無くなりました。
新型インフルワクチンの11月分の在庫はありません。
次回は12月に分配される予定ですが、一体何本割り当てられるのか。
小児の新型ワクチン前倒しといっても、肝心のワクチンが無いのでは、接種したくてもできません。
お断りしてばかりで本当に申し訳なく残念で仕方ありません...


胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン


本日、日本消化器病学会より「胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン」が届きました。

このガイドラインは海外と日本のGERDに関しての研究結果やたくさんの論文をまとめて、「根拠に基づく診断・治療」に役立てるのが目的です。

その中から気になった点をピックアップしてみます。

・有病率は男性>女性 しかし60歳以上の女性で脊椎後弯によりGERDの頻度     が上がる。

・GERD患者ではピロリ菌感染率は低率である。

・NERD(非びらん性GERD)患者では食道知覚過敏が存在することが多い。
 (NERD:胸やけ等の逆流症状があるが内視鏡検査で粘膜に異常が見られないもの)→PPI等のいわゆる胃薬が効果ない事が多い。


・「胸やけ」という症状の理解は民族・文化・性差・個人によってマチマチである可能性がある。

・内視鏡的粘膜傷害程度と症状は必ずしも相関しない→内視鏡的にひどい炎症があっても症状が何もない事もある。

・PPIテストは有効である→内視鏡を用いず非侵襲的、簡便、低コストである (PPIテスト:強力な酸分泌抑制作用を持つPPIを用いて、胸やけなどの酸逆流症状消失の有無を治療的診断を行うもの)

・症状悪化の原因にタバコ、アルコール、右側臥位がある。

・症状緩和を改善させる行為は体重減少とベッドの頭側挙上である。


胸やけや胸部の違和感つらいですよね。

胃食道逆流症に、市販の薬はほとんど効果ありません。

PPI(プロトンポンプ阻害剤)がとても良く効きます。ぜひご相談ください。


****インフルワクチン情報****
季節性インフルワクチンの在庫もうほとんどありません。
現在のところ新型インフルワクチンは分配される数が極少量なので、こちらより、優先順位の高い方から個別に接種の意思を確認していく予定です。
ワクチンさえ潤沢にあれば、希望者全員に接種したいという気持ちはあるのにとても残念です。。。

季節性インフルワクチンもうほとんどありません。
季節性インフルワクチンの在庫がほとんどありません。

お子様の接種は原則2接種ですが、2回目分のワクチン在庫がありません。

そこで1回のみの接種でよいという方のみ、在庫があるうちは接種いたします。

今年は季節性インフルワクチンが少ないので、ご迷惑をおかけします。

新型インフルワクチン情報ですが、驚くほど少量しか配分されないようです。

TV,新聞では何万人分もあると言っていますがどこにあるんでしょうか?