Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< November 2008 >>
Archives
Profile
Search
高熱 嘔吐する腸炎が流行しています
             


本日は荏原医師会の休日診療所9時〜5時まで出動していました。

目立ったのは、夜中に急に吐いてしまい、それから高熱がでているお子さんがとても多かったです。

皆さん決まって朝2時〜4時位から吐きはじめ、熱は39度近くまで上がっています。

また、インフルエンザ(A型)の患者さんも出てきています

ワクチン接種は早めにしましょう。

明日は医師会で「認知症かかりつけ医向上研修」を行います。

認知症の専門医でない先生方に一般医がどのように認知症に関われるかという研修会です。

私は担当理事であり、認知症サポート医として司会、運営を任されています。

連休返上で参加してくださる会員の皆様に有意義な会にしたいと思っております。


インフルエンザワクチン接種と特定健診
              

インフルエンザワクチン接種は11月中は予約なしで接種できます。

現在ワクチン接種シーズンですので、土曜日午前中は比較的混雑が予想されます。

お時間に余裕があれば平日接種をおすすめ致します。

また特定健診も同様で平日受診が可能な方は水、木曜日の方がお待たせする時間が少なくて済むと思います。

*年末年始の休診予定 12月30日(火)〜1月4日(日)です

朝日新聞「天声人語」の言葉
             

今朝の朝日新聞の天声人語にこんな事が書いてありました。

臨床心理学者の河合隼雄さんは「病に対する最大の処方は希望である」という言葉好きだった。医療現場の多忙は知りつつ、胸にたたんでほしい至言と思う。温かみに裏打ちされた時、医師の言葉は「わかりやすさ」を超えて、患者をささえる「力」となるに違いない。(H20.11.5朝日新聞より)

私が研修医になったばかりで、初めて受け持った患者さんで、白血病の高校生の男の子のことを思い出しました。

彼は白血病の状態が悪く、本当に厳しい化学療法を繰り返していて、とてもつらそうでした。彼が私に言った言葉。

先生、もし僕の病気が治りそうになくても、絶対治るといってね。先生に治るといわれている限り僕、頑張れるから。」

しかし間もなく彼は亡くなりました。でも、最後まで彼は病と闘いました。

私が彼のことをサポートできたのかはわかりません。

しかし以下の言葉は真実だと思います。

「病に対する最大の処方は希望である」



紅葉狩り
             


秋の休日を利用して紅葉を見に行きました。

天気も良く晩秋を楽しみました。

きれいな自然を見て、リフレッシュしてきました。




小4の子供と。

影がおもしろかったので。