Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< April 2008 >>
Archives
Profile
Search
GWは暦どおりです。



いよいよGWです。

少しまとまった時間が取れそうなので、本をじっくり読みたいです。

「坂の上の雲」  司馬遼太郎(著)

言わずと知れた司馬遼太郎の代表作です。

2009年より3年がかり!でNHK スペシャル大河ドラマとして放送されるようです。

このキャスティングが絶妙です。(原作のイメージに近い)

秋山 真之(あきやま さねゆき)・・・本木 雅弘
秋山 好古(あきやま よしふる)・・・阿部  寛
正岡 子規(まさおか しき)・・・・・香川 照之
正岡  律(まさおか りつ)・・・・・菅野 美穂

私は第1巻を読み終えるところですが、もう主人公達が頭の中で暴れまわっております。

登場人物の顔がはっきりしたほうが、お話が頭にスーと入ってくるようです。

まだまだ先は長い。楽しみは続きます。(*^_^*)


この本は17年前に買ったもの(院長蔵書)。味が出てます。





4月、歓送迎会。
             


26日はクリニックの歓送迎会でした。

開業以来、当院を支えてくれた沖野さんが退職されます。

本当にありがとうございました!

新スタッフとして、佐野さんが加わりました。

どうぞよろしくお願い致します。


"新"禁煙治療薬 チャンピックス
              

新しい禁煙治療が始まります!

現在は、ニコチンを皮膚から吸収させるパッチタイプの薬を使用しています。

しかしパッチで皮膚がかぶれてしまう方もおられ、残念ながら治療中止となるケースもありました。

そこで!今度は内服する禁煙治療薬です。

チャンピックスは、1日2回12週間の経口投与が基本です。

また、ユニークなのは最初の1週間は喫煙しながら薬を内服していきます。

薬の効果でタバコの満足度がなくなり、「タバコがまずくなる」ようです。

チャンピックスの特徴:チャンピクスは脳のニコチン受容体に結合し、喫煙で入ってきたニコチンの結合を妨げ、少量のドパミン(快楽物質)を放出します。

ゝ扮譴砲茲詼足感を抑制します

タバコ吸ってもまずくなる!→もう、吸うのやめよ。。。となる

⊂量のドパミンが放出され続けるので、タバコへの切望感が軽減します。

喫煙で得られていた快感(ドーパミンの影響)→でも大丈夫!チャンピックスでもタバコの半分のドーパミンを放出します。

海外の研究では、禁煙補助具を使わない場合に比べて

チャンピックスで約3倍

ニコチンパッチ(ニコチネル)で約2倍


の禁煙成功率でした。

通院期間:約2カ月〜3か月の通院となります。(通院期間には個人差があります)

1回の受診料は3割負担の方で約1500円程度です。

薬剤費は院外処方で2週間分で約2000円程度です。

5月8日より保険診療開始予定です。


本日は(株)ファイザー吉野さんにレクチャーして頂きました。
 

臨床研修医 大石先生
     

今月は研修医の先生が来られています。

大石大輔先生@聖マリアンナ医大病院です。

地域医療の研修で今月往診に同行し在宅医療の現場に触れてもらいます。

経歴を聞いたら、なんと小中高、私と同じ学校で、大学でも同じ陸上部と生粋の後輩でした。

小中高の母校の名を聞くと何か懐かしい気持ちになりますね。

今日は荏原医師会休日診療所に出動してました。

特に流行りものもなく、穏やかな一日でした。




見やすいブログとは?
           

今回よりブログテンプレートを変更してみました。

診察で電子カルテを使っています。

一日中、PC画面をみているので目が疲れます。

夜は小さな文字に焦点が合いにくくなってきました(笑)。

文字も少し大きめに。

なるべく一行で文章が完結するように。

目で追うだけで、頭にスーと入ってくるような。

そんなブログが書きたいです。




便潜血反応が陽性だったら
今日は荏原医師会での定例の消化器勉強会に行ってきました。

隔月で夜8時から昭和大消化器内科の野津史彦先生に講演して頂いています。

今夜は「便潜血検査の位置づけ」についてでした。

便潜血検査とはいわゆる「大腸がん検診」で、便に血が混じっていないかをチェックします。

以前の便潜血検査は動物の血でも(例えばレアのステーキなど食べる)”陽性”になりましたが、現在の検査はヒトの血にしか反応しません。

統計では便潜血反応の陽性率は3〜5%です。

さらに便潜血陽性→大腸ファイバーをして、大腸がんが見つかる確率は5〜10%程度です。

ですから、便潜血陽性=大腸がんではないのです。

しかし、大腸がんの可能性もありますので、「便潜血陽性」であれば念のため大腸ファイバーをおすすめします。

今年度から品川区区民健診がなくなり、5月より特定健診が始まります。
(品川区国民健康保険の方)

しかし、がん検診は(大腸がん検診、前立腺がん検診、乳がん検診)今まで通り受けることができます。

定期的な健診は健康管理の基本です!


スイスイと健康な人生がおくれるといいですね!


日本内科学会総会(国際フォーラム)
今日は第105回日本内科学会総会に出席してきました。

有楽町の国際フォーラムで行われました。

日本でも有数の大きな学会ですので参加する会員の数も多かったです。

また、学会のパンフレットが小さく、薄くなっているのにびっくり。

講演内容の情報はHPに掲載され、実際の会場では小さなしおり状のパンフを見て会場を移動します。

これは大変好評でした。

今までは、まるで電話帳のように厚く、重く、持ち運ぶに大変苦労しました。

学会に参加すると、研修単位が加算されます。

内科専門医を更新するには5年間で75単位が必要です。

学会、生涯教育講演会に出席するだけではだめで、セルフトレーニング問題(自宅で試験問題を解く→正解率60%以上で5単位獲得)を必ず1回は行うことなどの細かいきまりがあります。

私は3回目の更新ですが、今回は今日が初単位です。(総会は規模が大きいので15単位!)

あと、60単位。。。

国際フォーラムはいつ来ても立派な建物ですね。


さいとうファミリークリニックの理念
4月より後期高齢者制度がスタートし、MRワクチンの公費接種(中1と高3)開始、また5月からは特定健診が始まります。

禁煙治療も新薬がでる予定です。

今度の禁煙治療のお薬は「飲み薬」です。

当院は、禁煙治療の保険適応施設でありますので、この新薬「チャンピックス」もニコチンパッチ同様、保険適応で治療できます。(詳細は後日)

色々と医療環境も変化してきたのでHPもリニューアルする必要がでてきました。

そこで最初からHP見直していると、クリニックの理念がでてきたのでもう一度と読んでみました。

「さいとうファミリークリニック」理念

●予防から治療まで、お子さまからお年寄りまで、ご家族全員に最良の医療を提供し納得していただけるまで、十分説明致します。

●寝たきりの患者様や通院が困難な患者様を対象に在宅医療(往診)を行なっています。

●健康な時も病気の時も、あなたの主治医としてお役にたちたいと考えております。

●医療内容に対して十分な責任を果たすため、医師として絶えず研鑚を積む努力を心がけています。

●専門的医療が必要になった場合は速やかに適切な専門医や高度医療機関にご紹介致します。


今読み直しても、足す言葉も引く言葉もありません。
あとは理念の実践にむかい邁進していくだけです。

芽吹きの季節。初心を忘れず

MRワクチン予防接種(第3・4期)開始のお知らせ
4月1日よりMR(麻しん風しん)ワクチンの予防接種(第3期・第4期)が始まりました。

公費対象者は中1・高3に相当する年齢の方(無料)です。

今年から5年間の期間限定で接種していく方針のようです。

H19年に10代と20代を中心に麻しんが流行し、多くの学校が休校になるなど社会的混乱への対応のようです。

対象者には区から予防接種予診票と同意書が送付されます。

保護者が同伴しない場合は、同意書と予診票に保護者の署名がないと接種できません。ご注意ください。

予防接種希望の方はお電話にて在庫を確認してから来院ください。



入学式のシーズンですね。