<< HDL(善玉コレステロール)が低い原因は? | main |
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Archives
Profile
Search
味がわからない。それは亜鉛欠乏かもしれません
           
時々、「味がわからない」と受診される方がいらっしゃいます。

それは、「亜鉛欠乏」かもしれません。

亜鉛は身体の様々な機能を維持していくために働いているミネラルです。

亜鉛が不足すると下記のような様々な症状を起こす可能性があります。

味覚障害・食欲低下・口内炎・皮膚炎・脱毛・貧血・疲れやすい・成長障害など。

亜鉛が多く含まれる食品は牡蠣、牛肩ロース(赤身)、納豆などがあります。

しかし、健康な人が亜鉛の摂取不足になることは少ないです。

亜鉛不足になるケースとしては、高齢者、糖尿病、慢性腎臓病、アルコール中毒、利尿剤を内服しているなどが考えられます。

亜鉛不足が疑われた場合は、血液検査で亜鉛を測定し、低値であれば亜鉛を含むお薬を内服します。

上記に当てはまる方はどうぞご相談ください。


さいとうファミリ−クリニック