<< インフルエンザ Up To Date | main | 荏原病院の連携医療機関登録証が送られてきました >>
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Archives
Profile
Search
高尿酸血症と動脈硬化

            

健康診断などの血液検査で尿酸という項目があります。

尿酸が高いと「痛風」といって、足の関節が発赤腫脹することはよく知られています。

しかし最近の研究では、「尿酸が高いほど心血管疾患のイベントが多い」ことがわかってきました。

その理由として、尿酸が高いと高血圧症や腎機能障害を発症。

続いて動脈硬化性変化が血管におこり、心筋梗塞などの病気を引き起こすということが考えられています。

健診や人間ドックの結果で、尿酸が高いとわかっても、あまり深刻に受け止めない方が多いという印象をうけます

最近は1日1回で副作用も少ない、よいお薬があります。

動脈硬化が始まる前に適切に治療を始めましょう。



花粉の本格飛散が始まっています。目のかゆみ、くしゃみ、鼻汁つらいですよね。昨年末に効果が良くて、眠気がでないという抗アレルギー薬が2種類でました。どうぞご相談ください。

さいとうファミリ−クリニック